Lineage・アク鯖でまったりと活動中へたれwizの日記


by be-happy7221

カテゴリ:リネージュ回顧録( 6 )

Episode6☆感謝の気持ち

楽しいことも辛いこともたくさんあったLv50時代。ひたすら狩りばかりしていたLv51時代。
そして2004年4月4日、ついに52HITすることができました!

思えば、ここまで自分一人ではくることができなかった。
右も左も分からない私に、親身になって教えてくれた人。
会ったばかりの私を信頼して、大事な装備を貸してくれた人。
一緒にふざけあって笑い合った人。
私のことを慕って、狩りに誘ってくれた人など・・・
たくさんの人達に助けられたおかげでここまでこれました。
当時も同じことを思ってとても嬉しかったけれど、なぜか当時を思い出している今の方が当時よりさらに嬉しい気持ちです。

私の52HIT式にも大勢の人が来てくれました。
その他にも面白い便箋を送ってくれた人、茶巾になってしまったけど全茶でおめでとうコメントをくれた人。
前に約束していたRKCとCHAamuをプレゼントしてくれた人も・・・。


お世話になった全ての人達へ、本当に、本当にありがとう。その言葉しか浮かびません。

f0150674_2342493.jpg


よかったらクリックしてください(*^▽^*)⇒☆LLランキング☆
[PR]
by be-happy7221 | 2007-11-29 00:14 | リネージュ回顧録

Episode5☆Forgotten memory

Lv49になって以降、私はよくFIで狩りをするようになりました。
FIでの狩りといえばペア狩り。この頃はよく全チャや掲示板などでペア相手を募集しているのを見かけたものです。
そんな私もペア狩りでいろんなナイトさんにお世話になりました。

その中でも、特に印象に残っている出会いがあります。

ある時、私は当時からすでに高Lvで強いと有名だったナイトさんを紹介されました。Lv49で操作下手な私とペア狩りをしてもらうのは気が引けましたが、それでも彼は引き受けてくれました。
それまで思っていたイメージとはうらはらに、話をしてみると優しくてとても話しやすい人。緊張も解けて、私は彼とすぐに仲良くなりました。

Lv上げを再開してからすぐ、2003年の12月下旬にはLv50に。50になってからも、早いペースで経験は上がっていきました。
この頃は今までで一番リネにハマっていた時期だったと思います。私の装備も、ペア狩りを始めてから1ヶ月ちょっとで格段に良くなりました。単調すぎる狩りも、彼といろんな話をしながらだととても楽しく思えました。
そして私の中では、毎日彼と一緒に狩りをするのが当たり前になっていたのです。
しかしその時にはすでに遅かった。

ある日、何の理由も聞かされないまま、彼は突然私とのペア狩りに終止符を打ちました。
私はもう必要とされなくなった・・・突然の出来事にどうしてもその現実を受け入れることができず、しばらく辛い日々が続きました。月日が経つにつれ、傷は癒えていきましたが心のどこかにもやもや感が残っていた気がします。

それから約4年。あの頃は到底分からなかったことが、今では分かるようになりました。
当時の私は考え方が本当に幼かったなぁと。人に頼り切っていた自分だったということ。
リネはあくまでもゲームですが、人と関わるという時点でリアルにも通じています。
この出来事は、後に人との関わり方を身をもって教えられたんだと思いました。

忘れられた島での、忘れられた思い出。思い出すとちょっと痛いけど、でも私はこれからも忘れないと思う。
ペアをしていたのはほんの1ヶ月位でしたが、付き合ってくれて本当にありがとう。
今ではそう思えるようになりました。

そして52HITまで駆け足で進みます。


よかったらクリックしてください( p_q)⇒☆LLランキング☆
[PR]
by be-happy7221 | 2007-11-20 06:32 | リネージュ回顧録

Episode4☆理想郷

wisはDefNoiseというエルフからでした。
話を聞くと、別キャラのプリでまだクランを作ったばかりでクラン員は自分も含めて2人しかいないとのこと。クラン自体はかなり寂しい印象でしたが、彼の親しみやすい人柄に話をするうちにすぐに打ち解け、そのままクランに入ることになりました。この時私はLv48でした。
DefNoise(通称デフ)は当時まだ珍しかったNBエルフ。初めて一緒に狩りに行った時、NB初体験だった私はかなり感動したことを覚えています。

デフのクランに入って数日後、私はデフを通じて不死鳥(通称ふし)という女ナイトと知り合いました。リアル女性ながらパワフルな感じなのですが気さくで話しやすく、何よりリーダーシップがきちんと取れていてまさにプリの素質がある彼女は別キャラのプリで『満月に吠える狼』というクランもやっていました。

この2人とすぐに仲良くなった私。2人を交えて狩りに行ったりくだらない話で盛り上がったり、放浪していた時には味わえなかった楽しさがそこにはありました。

しばらくして、デフは新たにプリを作ってふしと共に『LittleGang』という新たなクランを立ち上げました。最初は細々と5人からのスタートだったけれど、でふの勧誘とふしの顔の広さのおかげでクラン員も徐々に増えていきました。
とにかく今までこんなに自分の素を出せたクランはないってくらいに楽しいクランで、クラン員全員が仲が良く、クラチャは常に賑わっていました。それはまさに私の理想のクラン像でした。
LGに入っていたことでいろんな人と知り合い、仲良くなることができました。一人一人名前を挙げると長くなるくらい・・・でも残念なことに、その時いたクラン員さん達は今ではほとんど引退してしまっているようです。
その中で、今でも変わらずに仲が良いのはこの日記でおなじみのしゅんくん。
しゅんくんとは当時から真面目な話から下ネタまでなんでも話せる貴重なお友達です。

やがてLv49になりLv上げがきつくなってくると、気分転換に別キャラエルフで遊ぶことが多くなりました。またリアルが忙しくなってしばらくリネに入れない時期がしばらく続いていましたが、Lv49になってから5ヶ月後、私は再びwizのLv上げを始めます。

2003年12月。忘れられない出会いが待っていました。


よかったらクリックしてください( p_q)⇒☆LLランキング☆
[PR]
by be-happy7221 | 2007-11-16 00:09 | リネージュ回顧録

Episode3☆流転

キャラをCON/INT型に作り変えてから、本格的にLv上げを始めました。
話せる島を卒業後はBB荒地、Lv30代ではハイネ、SKTC。Lv40代に入ると、よくエルモアに行くようになりました。
すんなりLv上げができたのも、同じクランのじゃびから+5wizsetや+6SOMなど、装備一式を借りれたおかげだと思っています。
そして初めて戦争に参加したり、龍狩りに参加したり(結局狩れませんでしたがw)、リネを始めてから順調に楽しんでいました。

2003年4月。マイペースながらもLv上げを頑張った結果、リネを始めて2ヶ月目にはLv40代に入っていました。そしてこの月、アデンがupされるなど大幅アップデートがありました。
初めてのアデン攻城戦。未だにこの時以上に一度にアク鯖の人口が集まったのは見たことがないくらい、とてもたくさんの人達が集まっていました。
フレンズもこの時一クランとして戦争に参加していました。ところが・・・後に問題発生。
とあるクラン員がキッカケで、極とRAVENからFPK宣言をされました。クラン会議では、FPKに参加したくない人は別クランに移動すれば良いし、問題ない人はそのまま残って下さいというような結論に。私はまだこの時FPKのことを軽く考えていたので、そのままフレンズに残ることにしました。
しかし狩り中にFPKに合う回数が次第に増え、その都度帰還していましたが、Lv上げの妨げになることを感じ始めるようになりました。
それと同時に、この頃クラン内での私の存在意義について疑問を感じ始めていました。
その二つが重なって、結局フレンズを脱退。

次に入るクランは自分を必要としてくれるようなクランがいい・・・。そう思いながら掲示板や全チャでクランを探していましたが、なかなか思うような所が見つかりませんでした。
放浪を続けていたある時、全チャでクラン募集をすると、一件のwisが返ってきました。
そしてこのwisが、たくさんの新たな出会いを生み出すキッカケとなったのです。

よかったらクリックしてください(ノ´∀`*)⇒☆LLランキング☆
[PR]
by be-happy7221 | 2007-11-11 11:29 | リネージュ回顧録

Episode2☆戦争クラン

リネを始めたその日のうちに、見知らぬ人と仲良くなれたり親切な方の優しさに触れたり、リアルではなかなか味わえない体験をした私。早くもリネの醍醐味を知ってしまった私は、言うまでもなくリネにどっぷりとハマっていました。

リネを始めて3日目。話せる島で狩りをしている時、たくさんのモンスにBOXされながらも1人で戦ってる男ナイトさんを見つけました。それを見た私はとっさにヒール。この頃の私は今以上に積極的だったのかもしれません。
「ありがとう^^」
この事がキッカケで、私は彼と仲良くなりました。彼の名はGiabbit、通称じゃび。

彼と知りあった事で、私はさらにリネについていろいろなことを知ることができました。
じゃびはフレンズというクランに入っていました。そこは戦争クランで、いつでも多くのクラン員でにぎわっているとのこと。
リネに戦争というものがあることにもびっくりしましたが、話を聞くうちにだんだんとそのクランに興味が沸いてきました。
じゃびとフレンズの他クラン員さんの押しの強さに負けて、銀翼飛龍さんには本当に申し訳ないと思いつつも私はフレンズというクランに入ることになりました。
(後日談・・・
この時クランは抜けちゃいましたが、この後もしばらく銀さんとは交流がありました。感謝です!
また一番最初に仲良くなったネメチアさんは、突然リネにINしなくなってしまい、結局一緒に狩りしたのは最初の2日間だけでした;;)

「ロウランのステータスは何?」
あるクラン員さんに聞かれて、INT/WIS型と答えました。ガイドブックに、ウィザードのおススメのパラメーターだと紹介されていたんです。すると、
「CON型にしないとHP少なくて後で後悔しちゃうよ。今ならまだ作り直すのも簡単だから直した方がいいよ。」
と言われました。
その時私はまだLv10。最初は一から作り直すことに抵抗を感じましたが、その言葉を信じ思い切ってCON/INT型にキャラを作り変えることに。
そしてこの時、現在のメインキャラ・Louranが誕生したんです。


この日の夜、じゃびとギラン城の戦争を見に行くことになりました。
行って驚きました。たくさんの人達が、ポットを光らせながら斬りあっていたり、まだ見たことのない魔法を使って戦っていたり。この頃はまだ見るもの全てが真新しく感じて驚きの連続だったのに、戦争のリアルさはそれ以上の驚きでした。そしていつか自分も参加してみたいと、この時切に思いました。

そして戦争時間が終了。その直後、戦争に参加していた人達が一斉に叫びました。
「冷音さんおつかれさまー!!」
チャット欄が一斉に冷音という人に対しての労いの言葉でいっぱいになりました。見た感じ、どうやら引退する様子。じゃびに聞くと、アク鯖の有名人とのこと。
「へぇ~、リネにも有名人とかいるんだ・・・。」この時はそんな程度にしか思いませんでした。


しかしそれから数年後、この有名人とは不思議な縁を感じることになるのです。
この時は知るよしもありませんでした。
[PR]
by be-happy7221 | 2007-11-05 21:32 | リネージュ回顧録
この出会いは一生に一度のもの
・・・そう思えば
人は心からその時間、その空間を大切にして
人と接することができるといいます
リネージュの世界へ一歩足を踏みいれると
誰もがそんな素敵な出会いを体験します

“リネージュ ビギナーズガイドブック”より

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

2003年2月1日。この日から私のリネージュの物語は始まりました。
最初から、やるならウィザードだって決めていました。
名前はロウラン。名前の由来はシルクロードにある古代遺跡楼蘭から。
歌う島の始まりの場所に立った時、これから先どんなことが起こるんだろうととてもわくわくしたことを覚えています。

辺りを見ると他にもたくさんの人達がいました。オンラインゲームが初めてだった私は、この人達が実際にNPCではなくPCだということをとても新鮮に感じました。
何をすれば良いのか分からなかったので、どきどきしながら近くにいた人に声をかけてみました。
「まずは案山子を叩きに行こう^^」
声をかけたことがキッカケで初めて仲良くなったのが、このネメチアという女ウィザードでした。
彼女も前日からリネを始めたばかりとのこと。案山子を叩きに行った後、初めての狩りに行ってみることにしました。
空腹状態だったので、肉狙いでウサギや鹿を叩こうとするも、ヘイストがなかったため彼らの方が足が速くなかなか倒せません;;
どうしようかと2人で困っている時、近くから叫び声が聞こえてきました。

「初心者さんに無料でペットをプレゼントしています~」
男プリが地面にペットのアミュレットをいくつか置いていました。犬を連れて歩いていた人を見かけて欲しいと思っていたので、私もお言葉に甘えて頂くことに。
銀翼飛龍というその男プリンスは、困っていた私達に他にもいろんなことを教えてくれました。初めて話せる島に行ったり、全くアデナを持っていなかった私にその頃には十分すぎるアデナをくれて、魔法を覚えることもできました。そしてそれがキッカケで、私とネメチアは彼のクランに入ることになりました。
クラン員数名の極小狩りクランでしたが、私にとっては初となるクランです。初めてのクラチャ、初めてのクラハン。クランってすごく楽しい所だなぁと思いました。そして私はどんどんリネージュの魅力に惹かれていったのでした。


*以降、私の回顧録は“リネージュ回顧録”のカテゴリで書いていきます♪
[PR]
by be-happy7221 | 2007-10-31 01:29 | リネージュ回顧録